エアコンの種類とクリーニング

エアコンは様々な場所に設置されていますが、設置場所によっていくつかの種類にわけられます。大きくわけると、壁や窓などにつけられるタイプと、天井や壁などに埋め込まれている(ビルトイン)タイプがあります。

エアコンの種類によって、エアコンの汚れ方や、エアコンクリーニングにはどのような違いがあるのでしょうか。

エアコンの使用方法によって汚れ方は様々

エアコンは、使用頻度や設置場所によって汚れ方は様々です。使用頻度が高ければ高いほど汚れやすく、また、たばこやキッチンで使用する油などもエアコンの汚れ方に影響します。

そのため、どのような種類のエアコンが汚れやすいとは一概にはいえないようです。

しかし、天井に埋め込まれているビルトインタイプのエアコンは業務用として使用されることが多く、一般家庭でよく目にする壁掛けタイプよりも使用頻度が高いかもしれません。

また、業務用のビルトインタイプのエアコンは、たばこなどの影響を受けやすい場所に設置されていることもあり、汚れやすいといえるでしょう。

ビルトインタイプのエアコンクリーニングの料金は比較的高め

壁掛けタイプのエアコンと、ビルトインタイプのエアコンのクリーニングを業者に依頼する場合、クリーニングの大まかな流れは同じです。

どちらの場合もエアコンを分解し、ホコリなどを除去した後に、エアコン内部の洗浄を行います。どちらの場合も事前に養生を行い、汚れが飛び散らないように作業を行い、最後にはエアコンの動作確認を行います。

壁掛けタイプのエアコンクリーニングの所要時間は、1台で1~2時間であることが多く、料金は7,000~15,000円程度です。

一方で、ビルトインタイプの場合の所要時間は2~4時間と、壁掛けタイプよりも長くかかります。料金も、壁掛けタイプよりも高い場合がほとんどです。(家庭用と業務用で料金に差があります)。

エアコンの種類によってクリーニングを受け付けない業者も

エアコンクリーニング業者は、一般家庭にある壁掛けタイプのエアコンについては、エアコンクリーニングを受け付けている場合がほとんどです。

しかし、天井に埋め込まれているビルトインタイプのエアコンは受け付けない場合もあるため、注意が必要です。また、床に置かれているタイプや窓に取り付けているタイプも受け付けていない場合があります。

エアコンクリーニングを業者に依頼する際は、どのような種類のエアコンのクリーニングを受け付けているのか、事前に確認しておきましょう。

エアコンクリーニングを探す

この記事を読んだ方におすすめ

※本ページの内容については、正確な情報を掲載するよう努力しておりますが、情報の完全性、無誤謬性について、当社はいかなる責任も負うものではありません。暮らしのアイディアとして、自己責任のもとでご利用いただけますようお願いいたします。

お役立ち情報

掲載事業社募集!

人気のサービス

  1. エアコンクリーニング

    年中使用しているエアコンを内部からピカピカにして、キレイな空気で生活!

  2. お風呂(浴室)クリーニング

    風呂の水アカや石鹸カスをプロの技でピカピカに!

  3. 換気扇(レンジフード)クリーニング

    油でベトベトの換気扇の汚れをしっかり落とします。

  4. 水回りクリーニング

    お風呂・トイレ・キッチンなど水回りをまとめてクリーニング!

  5. ハウスクリーニング

    入居中でも空室でもお部屋丸ごとプロがお掃除!