フロアコーティングで失敗しないための方法

お住いの床材であるフローリングは毎日、足を踏み入れる場所なのでお手入れがかかせません。特にペットを飼われているご家庭や小さいお子さんがおられる場合など傷がつきやす言う特徴があります。

手軽なお手入れ方法ではワックスがけがありますが、定期的に行なわないといけなかったり、様々な家庭の状況で作業が難しい場合があります。

そこで、フロアコーティングという選択肢もあります。
専門の業者に依頼をするプロによるお手入れですが、ご自身のワックスがけよりも長持ちして、結果的には得であると言えます。

なぜフロアコーティングを選択するのか

フロアコーティングとは、住まいで使われている床材のフローリングに対して、専用の塗料を塗る塗装作業です。フロアコーティングの目的は、床材の防腐を防いだり、傷がつくことを防止するために施工されます。

最近では、ペットブームと言うこともあり、自宅でペットを飼われる方も増えているので、ペットによる傷防止の目的でフロアコーティングをする人が増えています。

また、フロアコーティングをすると床が塗装の被膜で覆われるため、とても光り輝いて美しい見栄えになります。

ですから、床材に光沢を求められる方や防腐などがが心配な方にも適しています。 さらに、防水効果もありますので、廊下などのよく足を踏み入れる場所では、人の汗や皮脂がつきやすいという特徴もあるで効果的です。

フロアコーティングが可能な場所

フロアコーティングは、施工が可能な場所があります。ただ、フロアコーティングには何種類かの専用の薬剤があります。これをその場の状況や目的に合わせて選択すれば、ほぼ可能であると言えます。

例えば、洗面所やトイレのような水回りでは水に弱い薬剤を使ってしまうとトラブルの原因となります。ですから、ウレタンコーティングより一般的には水に耐えられるUVフロアコーティングが用いられます。

また、UVフロアコーティングならほぼ家中のどの場所でも施工が可能です。そして、塗装後の乾かす時間も短くて済むのも便利さの一つに挙げられています。

しかし、UVフロアコーティングは艶の調整がしずらいと言ったデメリットもあるので、十分に検討してから行うことが大切です。

フロアコーティングをプロの業者に頼む理由とは

フロアコーティングは専用の薬剤を使って塗装を行う施工作業なので、お住いの所有者自身が行うワックスがけとは、内容が少し異なるのです。

目的はワックスがけと同じですが、より強度が高く専門性の高い技術を施すのがフロアコーティングなのです。

ですから、ワックスがけが月に一度や半年に一度と言う頻度に対して、フロアコーティングはいったん施工すれば10年以上は手入れ不要と言うタイプがほとんどです。

また、塗料も特殊な樹脂材なので、人体に有害な物質は含まれておらず、安心して施工することが出来ます。

さらに、うれしいのはそのコストパフォーマンスにあります。一度、施工すれば10年効果が持続するので、こまめなワックスがけやその作業を行う労働の対価を考えると断然、お得と言えます。

フロアコーティングを探す

この記事を読んだ方におすすめ

※本ページの内容については、正確な情報を掲載するよう努力しておりますが、情報の完全性、無誤謬性について、当社はいかなる責任も負うものではありません。暮らしのアイディアとして、自己責任のもとでご利用いただけますようお願いいたします。

お役立ち情報

掲載事業社募集!

人気のサービス

  1. エアコンクリーニング

    年中使用しているエアコンを内部からピカピカにして、キレイな空気で生活!

  2. お風呂(浴室)クリーニング

    風呂の水アカや石鹸カスをプロの技でピカピカに!

  3. 換気扇(レンジフード)クリーニング

    油でベトベトの換気扇の汚れをしっかり落とします。

  4. 水回りクリーニング

    お風呂・トイレ・キッチンなど水回りをまとめてクリーニング!

  5. ハウスクリーニング

    入居中でも空室でもお部屋丸ごとプロがお掃除!