押入れのカビをとる方法を教えて!

久しぶりに押入れの戸を開けたら、びっしりカビが生えていたなんてことはありませんか?

特に押入れの中は湿気がこもりやすく、ベニヤ板でできていることが多いので、カビが発生しやすいところです。

また、カビが発生しているということは、もうその周りもカビの胞子がうようよしているということです。

家屋に発生するカビは,ほとんどが体に悪い種類のものなので、放っておくとアレルギーや肺炎になることがあります。もし見つけたら、すばやく徹底的に掃除をしましょう。

どうしてカビが発生するのでしょう

カビの胞子は、空気中に存在します。そこに、湿度と温度そして栄養分があればカビが発生します。

湿度80パーセント、温度25度位が最もカビが活発になる条件と言われています。

日本独特のじめじめした梅雨時や、冬に暖房を入れたときの部屋の結露した状態などは、カビにとって最も発生しやすい状態といえます。

押入れの中は、空気の流れがなく湿気がたまりやすいので、カビの格好のすみかとなります。

特に日の当たらないような部屋や、暖房をよく使う部屋も結露ができるので要注意です。

また、雨漏りや水漏れが原因で湿気をよび、カビが発生していることもあるので、あまりにも大量のカビや、今まで発生したことがない所にカビが発生した場合は、家屋の点検をお勧めします。

どうやって押入れのカビをとればいいの?

カビはただの汚れとは違います。再びカビが発生しないように掃除をする必要があります。

まず、カビをなるべく吸い込まないように、マスクをします。部屋もなるべく窓を開けて換気をします。

次に、押入れの中のものを出します。そしてカビが発生しているところを、絞った雑巾で拭き取ります。

一度拭いた雑巾は捨てるようにします。そうしないと、カビをただのばしていることになります。

掃除機は、カビの胞子をまき散らしてしまうので、使わないでください。

ある程度拭いたら、扇風機などで乾かします。その間に、押入れに入っていたものを処理しましょう。

押入れの中が乾いたら、消毒用エタノールかアルコールをスプレーし除菌をします。そしてもう一度、乾燥させます。

拭いても取れないカビには?

これで、白いカビは取れると思いますが、長い間放置しておいたりすると、赤いカビや黒いカビが発生している時があります。

そういう時は、お風呂用や台所用の漂白剤を使って漂白します。

方法は簡単です。カビに漂白剤を吹きかけて少し時間を置きます。絞った雑巾でよく漂白剤を拭いて、乾かします。よく換気をしながら、作業をしてください。

漂白剤にはもちろん殺菌作用があるので、消毒用エタノールの代わりにこちらの方法で除菌をしてもかまいません。

しかしこの方法は、カビだけでなく木材も漂白してしまうので、それでもいいと言う人にはお勧めです。

最後の仕上げに、カビの発生を抑える防カビスプレーを押入れ全体にかけると、なおいいでしょう。

押入れのカビを防ぐには?

せっかく押入れをきれいに掃除したからには、2度とカビが発生しないようにしたいですね。肝心なのは、通気性をよくしておくことです。

そのために、押入れの床や壁ぎわにすのこを敷くといいでしょう。押入れの中にものを入れる時は、壁から少し離しておくようにしましょう。

また、上の段より下の段のほうが湿気がたまりやすいので、下の段には布団のような、カビの発生しやすいものを入れないようにします。さらに、物を詰め込みすぎないようにしましょう。

そして、ときどき押入れの戸をあけて風を通し、湿気を取ります。

また、押入れの中に除湿剤を置いたり、貼っておくだけの防カビ剤を使用するのも有効な手段です。

一度発生してしまったカビを取り除くのは、たいへんです。カビをとり除いたらしっかりと予防しましょう。また、汚れがひどい場合や範囲が広い場合は、ハウスクリーニング業者などへ依頼することをおすすめします。

ハウスクリーニングを探す

この記事を読んだ方におすすめ

※本ページの内容については、正確な情報を掲載するよう努力しておりますが、情報の完全性、無誤謬性について、当社はいかなる責任も負うものではありません。暮らしのアイディアとして、自己責任のもとでご利用いただけますようお願いいたします。

お役立ち情報

掲載事業社募集!

人気のサービス

  1. エアコンクリーニング

    年中使用しているエアコンを内部からピカピカにして、キレイな空気で生活!

  2. お風呂(浴室)クリーニング

    風呂の水アカや石鹸カスをプロの技でピカピカに!

  3. 換気扇(レンジフード)クリーニング

    油でベトベトの換気扇の汚れをしっかり落とします。

  4. 水回りクリーニング

    お風呂・トイレ・キッチンなど水回りをまとめてクリーニング!

  5. ハウスクリーニング

    入居中でも空室でもお部屋丸ごとプロがお掃除!