エアコンクリーニングで花粉症対策

春は花粉の時期ですよね。ニュースでも花粉状況が流れるほど年々花粉の量が多くなって花粉に苦しめられている人は多いのではないでしょうか。

いまや3人に1人は花粉症と呼ばれるほど、広がっている症状ですよね。

花粉量が多い時期には屋外だけではなくて、室内に入ってくる花粉に対しても対策が必要になってきます。そんなときに利用したいのがエアコン。

実はエアコンを上手に使うことで、室内の花粉を激減してくれるのです。 花粉症対策に一役買ってくれるエアコンをクリーニングして花粉症対策ばっちりになりましょう。

エアコンで室内に飛んでいる花粉を減らすために

ベランダや玄関、あるいは換気扇などから部屋に入ってくる花粉たち。目に見えない分、その花粉を取り除くのは大変ですよね。

一般的に花粉を取り除くためには、掃除機をかけ、花粉を吸い取ることですが、掃除機の強い排気に床に落ちていた花粉を巻き上げてしまうことがあります。

しかし、空中に飛んでいる花粉を減らすには、掃除機を持ち上げるわけにもいかず難しいですよね。そんなときに活躍するのがエアコンです。

エアコンの構造は、室内の空気を吸い込み、冷却して吐き出すサイクルで温度を下げます。

つまり、室内の空気を吸い込むエアコンの吸い込み愚痴に、花粉やホコリ対策のフィルターを張ってしまえば、花粉を減らすことができるのです。

フィルターを掃除することが必要

エアコンの吸い込みで花粉を除去できるのですが、フィルターにホコリや花粉が詰まったままでは、その効果を得られません。

フィルターの本来の機能を果たすためにはフィルターを掃除することが不可欠なのです。

頻度としては、2週間に1回くらいのペースが理想的です。掃除の時には、フィルターについている花粉などが舞わないように、取り外した後はすぐビニール袋に入れましょう。

外で、フィルターを出した後は、掃除機で吸い取り、シャワーなどで洗い流します。

もし、水だけで汚れが落ちないときには、台所用の中性洗剤を使っても効果的です。洗い終わったあとは乾かすのですが、屋外だと花粉がついてしまうので、室内でしっかりと乾かしましょう。

フィルターだけではない花粉の潜んでいる場所

実は、フィルターだけでなくエアコンの内部にも花粉やハウスダストが入り込んでしまうことがあります。なので、フィルターだけでは不十分といえます。

最近ではお掃除機能つきのエアコンもありますが、これはエアコン内部の清掃ではなくフィルターの掃除であることが多く、エアコン内にたまったほこりやカビは別に取り除く必要があります。

しかしエアコンの内部まで吹くことは難しいですよね。エアコンは電子機器なのでジャブジャブと水洗いすることもできません。

正直、素人にはお手上げのもの。こういうときには、プロにエアコンクリーニングを頼みましょう。プロに頼む場合には、フィルターだけでなく高圧洗浄でエアコン内部まできれいにしてくれます。

一般家庭用なら1台7,000円~10,000円ほどでクリーニングできます。何台かを一度に頼むと割引してくれる業者も多くあるので、一度相談してみるといいでしょう。

どこの業者に頼めばいいのか迷うところだと思いますが、複数の業者をネットで比較してみることと、見積もりを書面で行ってくれるところは当日のトラブルが少なく信頼できますよ。

ちなみに、エアコン室外機は、熱交換をする場所で、外を飛んでいる花粉などを室内にとりこんではいないので、掃除しても花粉症対策にはならないようです。

エアコンクリーニングを探す

この記事を読んだ方におすすめ

※本ページの内容については、正確な情報を掲載するよう努力しておりますが、情報の完全性、無誤謬性について、当社はいかなる責任も負うものではありません。暮らしのアイディアとして、自己責任のもとでご利用いただけますようお願いいたします。

お役立ち情報

掲載事業社募集!

人気のサービス

  1. エアコンクリーニング

    年中使用しているエアコンを内部からピカピカにして、キレイな空気で生活!

  2. お風呂(浴室)クリーニング

    風呂の水アカや石鹸カスをプロの技でピカピカに!

  3. 換気扇(レンジフード)クリーニング

    油でベトベトの換気扇の汚れをしっかり落とします。

  4. 水回りクリーニング

    お風呂・トイレ・キッチンなど水回りをまとめてクリーニング!

  5. ハウスクリーニング

    入居中でも空室でもお部屋丸ごとプロがお掃除!